中古車の話」カテゴリーアーカイブ

過走行で下取が (+o+) って方! 値落ちしない車がある!?  スズキアリーナ三田

皆さん年間走行距離はどれくらいですか??

意外と把握されていない方も多いですが、車業界の平均的基準は年間1万kmくらいでしょうかね。

新車買って3年目の車検で約3万kmとかですね。

通勤で毎日遠方まで使っている方なんかは年間2万kmとかもザラですね。

2回目の車検で10万kmですね (^_^;)

そうなると、困ってしまうのが下取価格。

残念ながら車の価値ってのは走行距離が大きく影響しますからね。

という訳で2回目の車検も受けて、走行15万kmとか20万kmと乗りつぶすケースが多いです。

しかし!

最近走行距離に関係なく高値で中古車が売れるケースがあります!!

何度もここで書いている 輸出される中古車 ですね。

ワゴンRのハイブリットやアルト、ミライース色々あるのですが、最近は

こいつも凄いんです。

スイフトです。

スイフトなら何でもいいかと言うとそうではなく、新車時は同じ価格でも選ぶグレードによって1年後~3年後の査定が大きく変わってしまうのです。

という訳で、本来は自分が気に入った車を買うべきですがリセールを考えて購入するのもすごくお勧めです。

特に過走行の方に!

中古車はいつ買うべきか??   スズキアリーナ三田

いやぁーやってしまいました、、、

コンビニのレジで買うコーヒー

しっかりフタをしたつもりが「カッチッ」とはまっていなくて、飲もうとしたら服にガッツリかかりましたよ・・・

明らかに自分が悪いのですが・・・

ガッテム!!

 

さて、今日土曜日はオークションに来ております。

お客様のご注文の車を仕入れるため

プラス

弊社下取のお車をオークションで売るために

 

しかしまぁ高い!

例年この時期から3月中頃まで中古車相場は高値なんですが、今年もやはり同じ動きですね。

特に軽の中古車。

「5年落ちくらいで5万km、車検が残ってる」なんて車はビックリする価格で取引されています。

一体いくらでお客さんに売るんだろうといつも思います。

この時期中古車購入検討される方は新車も見てくださいね。

多少の予算オーバーはローン組んででも新車が得!ってケース多いです。

それと、先にも書きましたが今は年間で最も相場が高い時期!

4月まで待てるか?待てるなら待ちましょう。

軽自動車でも平気で10万とか相場が下がりますから。

 

で、車売ろうかな?乗り換えようかな?

って方は今売り時です!お得な時期に乗り換えてくださいね。

 

そうそう、スリランカ向けのハイブリット系のワゴンRは本日も絶好調の高値で取引されておりました。

まだしばらくは大丈夫かと思います。

値動きを注視して見守っていきたいと思います。

以上現場からお伝えしました。

社用車で節税を考える経営者様  みどり三田のはげ通信日記

昨日お世話になっているお客様よりお車お探しの依頼電話をいただきました。

「5年落ちのハスラーかジムニーはないか?」ざっくりこのような話でした。

「ハスラーは発売後4年程なので5年落ちはまだないですねぇ・・・ジムニーは・・・」といった感じで話をしました。

で、そもそも「なんで5年落ちなんですか??」って聞いたところ

思った通り、経営されている会社で利益が出るので節税を兼ねて社用車を購入しようかと、、、

といった内容です。

 

節税の本や記事を読むと「4年落ちの中古車を買いなさい」と書いています。

どういう事かというと普通車を経費として償却する時の対応年数が6年だから「4年落ちを買うと償却率の関係から期首に購入すれば1年で償却できます!」といった内容です。たぶん・・・

(軽自動車は4年)

正直これを読んで大半の方は「なんのこっちゃ??」だと思います。

私も一応会社経営をするので「効率よく代車や社用車を入れ替えるには?」を研究しました。

税理士さんの分野の勉強もしました(笑)

で結果、「社用車での節税」に関してはそこいらの税理士さんよりもいいアドバイスができると自負しています。

なぜか?

税理士さんは何年式で何万円の車を何年で経費にできる・・・といった分野は得意だと思います。

が、私はそれプラス、何年後にその車を売れば〇〇円で売れるとか、

「走行距離が多いならこの車種のこのオプション付きで、この色にすれば得!」

といった感じでお客様の要望を伺った上で最適な提案ができる自信があります。

弊社においても、こと社用車にした場合の経費云々の話ができるのは私だけです。

また、他のディーラーや中古車販売店の営業マンでこの分野に関しての知識がある人はおそらくいないでしょう。

現在「経営者としての仕事」をする中で販売の現場をフェイドアウト気味ですが、だからこそ経営者の方のお気持ちは誰よりもわかると思います。

という訳で「儲かったから車でも買おうか!?」って経営者様!

4年落ちのベンツに手を出す前に私に相談くださいね(笑)

続中古車選びのコツ、ポイント  スズキアリーナ三田のはげ通信日記

昨日の続きなんですが、名古屋までBMWミニを見に行く息子様とその後電話で話をさせていただきました。

聞けば平成28年12月登録の走行2,000km!

車自体も中古車情報誌Gooの鑑定書付きで最高評価!

私は「正直見に行くまでもなく車は問題の無い状態。新幹線代と時間の無駄になりますよ?」とお話しをしたのですが

お客様からしたら数百万の物を見ずに買うのは・・・

とのことで名古屋まで見に行かれました。そりゃそうですね。

で、ここからが本題

お客様から名古屋の車屋さんからもらった見積もりを見せていただき、

変な費用が入っていないか?省ける物はないか??

の相談に乗らせていただきました。

これがその見積もりの一部

もうね酷いですよ

年式と距離から判断して、税込みの本体価格は業者オークションの価格。

納車準備費用とか色々突っ込みどころはあるのですが

ビックリするのが納車整備費用89,640円!

何で1年落ち走行2,000kmの車の整備に9万円もいるの?

しかも新車の保証継承は更に別料金だとか・・・それも法外な価格(笑)

結局安い本体価格で引き付けて諸費用をボったくる典型的な見積もりなわけです。

お客様に「納車整備と準備何もしなくていいから納車整備費用と準備費用を省くように言ってみてください。たぶん応じませんが」

とアドバイスしたところ「案の定これは省けない、会社の決まり・・・」と訳の分からん事を言われたそうです。

でもね、完全にぼったくりですが違法ではないし、車を納車するわけですから詐欺でもないんですよね。

でもそれってどうなの?って話ですよ。

「典型的なぼったくりやん!」ってわかっていても全国探して自分が欲しい車がその店にしかない!すぐにでも欲しい!

って状況なら買っちゃいますよねぇ~

という訳でこういった販売方法をする店が多いこと多いこと・・・

ご用心ください。

中古車を選ぶコツ、ポイント   スズキアリーナ三田のはげ通信日記

先週お客様から私宛に電話をいただきました。

息子さんがインターネットで見つけた車(BMWミニ)を名古屋まで見に行くのですが・・・

気を付けるポイントとかありますか?ってお話しです。

そうですねぇー

私が見に行くならここ見てあそこ見てこれ聞いて・・・って色々あるのですが、なかなか車を見るポイントって経験が無いと難しいんですよね。

それを一夜漬けで覚えたとしても、いざ実際に自分が欲しい車を目の前にした時、果たして冷静に見れるのか?って考えると現実的に無理かもしれませんね。

で、私がお伝えさせていただいたのは、車よりも「お店の評判であったり、お店の雰囲気やスタッフの雰囲気を見てみては?」といった感じでアドバイスさせていただきました。

お店の評判はカーセンサーやGooでも出ているでしょうし、お店のHPにもお客様の声を上げているかもしれません。

PCで入力したような文字で名前もイニシャルなら自作自演の可能性もありますが・・・
直筆を載せているなら間違いなく本物の「お客様の声」でしょう。

過去にそこのお店と取引した実際のお客様の感想で大体の評判というか、ちゃんとした商売をしているか、儲けのために人を騙すような店なのか?ってのは分かると思います。

あとはやっぱりお店の雰囲気や担当者との相性とかもあるでしょう

結局肝心の車をどう見るか?よりも信じれる店か?

信じれる店なら大丈夫だろう!ってことですね。

余談ですが、こういった相談電話いただけるってことは「お客様に信用いただいているんだなぁ~」と勝手に決め込みめっちゃ嬉しいわけですよ。

という訳で、こんな車買おうと思って何年式の走行何キロで何色でとか教えていただけば、それが果たして妥当なのか?ってとこも含め第三者的視点でお答えさせていただきます。

あ、相談料着手金は無料ですのでお気軽に(笑)

続MH55型ワゴンRがお勧めな理由  スズキアリーナ三田 はげ通信日記

はい、昨日の続きですがMH55型ワゴンR

この形のです。これスティングレーですけどね。

で、このワゴンRとスティングレーが今年の11月下旬位から相場が急騰しております。

元々高い価格で推移していたのですが、ある時を境に10万とかのレベルで更に高くなったわけです。

何でもこの型のワゴンRの一部モデルはスリランカに輸出されるようです。

で、今年11月にスリランカで輸入関税の変更等があったようでその影響で上がったのです。

実は去年もこの時期にMH44型ワゴンR(前の型)が高騰しておりました。で、3月を境に相場が急落したのです。

スリランカの関税ルールの詳細は知りませんが、同じような値動きをするのかなぁ~と興味深々に見ております。

今年2月の発売直後にワゴンRを購入いただきましたお客様!

場合によってはほとんど追い金10万以下で再び新車に乗れる!可能性もあります。

「追い金を払ってまではいらないわぁ~」って気持ちがあると思います。もちろん購入して1年も経ってなくてピカピカでしょうから当然です。

が、考えてみてください。

通常130万で購入した車、3年目の車検時に査定すると70万とかになってしまいます。

あまり意識はしませんが年間20万くらい目減りするわけです。

そう考えると、追い金10万で乗り換えられるってプランは夢のようなプランです。

これが続くなら車検受けの必要も無いですしねぇ・・・

ただこれっていつまで続くのか?ってのが全く分からないんですよね。

なんですが、現時点では相当お勧めなわけです。

ご来店いただけばどのグレード、どの色、どの装備を付けるべきか?アドバイスさせていただきます。

新型ワゴンRとスティングレー MH55 がお勧めな理由   スズキアリーナ三田はげ通信日記

寒っ!

さて、2017年の2月に発売された現行のMH55型ワゴンR、私個人的に滅茶苦茶お勧めです。

燃費や広さや性能がどうこうって話ではありません。

リセールバリューって言葉がありますが、現時点で軽の中では最強ではないでしょうか?

どういう事かというと、例えば100万円で新車を買ったとして1年1万キロ乗って3年後、3万キロ乗った状態で車を手放すとしましょう。

車種Aが3年後の査定60万、車種Bは50万。なら車種Aの方がリセールバリュが高いわけですね。

そのリセールバリューがあり得ないくらい高いのがワゴンRです。

ワゴンR全てが高いわけではないのですが、新車価格と変わらない価格で取引されている状況です。

なぜか?

 

もちろん輸出されるからです。

なので、車種のこだわりが無くとりあえず軽が欲しい!

って方にはわたくしワゴンRをお勧めしています。

そんな中でもどのグレード、色、装備にするべきか??

できるだけお得に乗れるようアドバイスいたしますのでお気軽にご相談くださいね。

悪徳中古車店にご注意を   スズキアリーナ三田のはげ通信日記

昨日のヤフーニュース二出ていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中古車販売店のガリバーを運営するIDOM(イドム)が、軽自動車専門店「ガリバーミニクル」の商品を紹介する新聞折り込み広告で不当な表示をしていたとして、消費者庁は8日、景品表示法違反(有利誤認)で、同社に再発防止などを求める措置命令を出した。

発表によると、IDOMは昨年5月~今年3月、岩手、山梨、宮崎各県で配った折り込み広告で、計129点の中古車について「保証付き」などと無償で保証が付くかのように表示したが、実は有償だった。保証は期間内ならエンジンなどを無償で修理する内容で、別に9万8千円~29万8千円かかるという。

IDOMは「命令を真摯(しんし)に受け止め、管理体制を強化することにより再発防止に努めていく」などとコメントした。同社は社名が変わる前の2011年にも同法違反(同)で措置命令を受けた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガリバーってテレビCMバンバンやるような超大手ですけど、私がここによく書く騙しの売り方の典型のチラシで措置命令が出たわけです。

前にも書きましたが「大手だから安心」ではありません。

2011年にも同じような事があったようですから、まぁ会社の体質、考え方がそうなんでしょう。

いかにお客さんに安いように見せるか??それでいて法に引っかからないようにするには?

そう考えているからこんなエゲツナイやり方ができるんでしょう。

全く顧客目線じゃないですよね。

それにしても保証料9万8千円とか29万8千円とかどんなセールストークで売るのでしょう?

おそらく脅しの連発でしょうね(笑)

営業マンもこんな騙しのような販売してて、自分の仕事に誇りを持てるんかなぁ~?っていつも思ってしまいます。

だってこんな売り方自分の家族や友達に勧めれないでしょ?

中古車で買ってはいけない車は?    スズキアリーナ三田 はげ通信日記

先日十年以上お世話になっているお客様から、息子様のお車乗換の相談をいただきました。

「今乗っているマークXをヴェルファイアに乗り換えたい。で、北陸地方に好みの中古車を見つけた。この車両はお買い得か?」といった内容です。

で、さっそくGooに掲載されている車両を確認しましたら、1年落ちで走行も少なく程度は良さそう・・・なんですが、掲載されている総額を見るとプラス少し出せば新車に手が届く・・・

そんな金額でした。

もしローンを組むとしたら新車と中古車の金利差で、新車の方が総支払額は安くなるでしょう。

ならその中古車屋さんが、中古車相場を無視した高値の価格設定をしていたのか?

というとそうではなく、オークションの相場から考えて妥当な価格設定でした。

 

どういうことか?

日本の中古車はあらゆる国で大人気で輸出されまくっています。

そんな理由で中古車の相場は輸出相場に大きく影響を受けます。

ヴェルファイアやランクル等は特に人気の車種ですので、時期と仕様が当てはまれば新車価格以上で取引されたりしているわけです。

そんな海外で超人気の車種は中古車相場が異常に高いため、新車と比較してお買い得感が無いわけです。

それを知っているはずの中古車屋さんが新車と変わらない価格で中古車を販売するのが現状です。

おそらく相場の変動でオークションに出すと思った価格が付かないから店頭で売ろうとするのでしょうね。

「新車と値段変わりませんよ」って説明もなく・・・

はい、という訳で「中古車で買ってはいけない車」とは「新車と価格差が無い車」

軽自動車でも最近増えています。

中古車を買う前に新車価格のチェックをお忘れなく!

あ、アルファードヴェルファイア系は間もなくマイナーチェンジですので、相場が急落中です。

中古車に手を出す時は気を付けてくださいね。

三田市で軽自動車最強の乗換方 続き    はげ通信日記

はい、昨日の続きですが

なぜ3年経って走行46,000km、メンテナンスも必要で車検ももうすぐ切れてしまう、へこみもあるアルトを、走行たったの1,700km1年落ちの同じアルトに22万円の追い金で乗り換えられたのか?

のお話ですが理由は単純に

下取が高かったから!です。

軽自動車は比較的下取が高めですが、そうは言ってもさすがに車検代+αでの乗換は難しいです。

ではなぜそんなに下取が高かったかと言うと「輸出される車だから」なんですね。

 

聞かれたことがあるかもしれませんが、日本の車は優秀で世界から引っ張りだこです。

普通乗用車が多かったのですが、近年は軽自動車も活発に輸出されているようです。

んで、仕向国にもよりますが、基本的には傷があろうが10万km走ってようが一定の価格で取引されます。

逆にわずかな年式や経過月の違いで、同じ車でもウン十万って価格の違いが出てしまいます。

タイミングが一番大事なんです

国によって年式規制とかがあって関税率が変わったりするわけですね。

という訳で昨日のM様のアルトはドンピシャリだったわけです。

もし車検を受けてあと1年も乗ってたら査定は急落していましたよ。

今後みどりモータースではそんなM様のような乗換時のお客様に個別にお手紙を送ったり、お電話したりさせていただきます。

条件を聞いて「乗り換えるか?乗り続けるか?」はあなたの自由!決して強引な売込みはいたしません。