今が狙い目!現行MH55型ワゴンR スリランカ終了

はい、昨日は神戸のオークションに行っておりました

んで仕入れたのはこの型のワゴンR

実際は青色を仕入れました。

私4ケ月前くらいは「ワゴンRは新車が得!」って言っておりました

理由はスリランカに輸出される理由から中古車オークションの相場が高かったため。

新車より高騰してる時期もありましたからね。

なんですが、今年8月頃にスリランカへの輸出が終了しました。

そうすると一気に相場が下落したわけです。

実際グレードにもよりますが20万~30万落ちました

で、昨日オークションを見て感じたことですが

20万下がった相場でも売れない・・・

そんな状況が起こっていました。

ワゴンRに限らず例年10月頃から年末にかけて中古車の動きは鈍くなります。

で、年が明けると再び相場が上がります。

という訳で、今から年末にかけて現行型ワゴンRの中古車買い時です。

今既に店頭に並んでいる中古車ではなく、相場が下がっている今仕入れた新鮮な車両が得です。

軽39.8は得なのか?

軽自動車の39.8専門店が全国的に増えました

某コンサル会社が「儲かります!」って宣伝しまくってましたから

んで、結局よくある「諸費用ガッツリ」なので

乗り出し価格は50万超えてくるわけです

 

弊社でも「込々50万で乗れる軽無いですか?」ってよく相談いただきます

「距離は5万kmくらいまでで」

「ワゴンRみたいな広い車で」っといった感じです

その条件のワゴンRになりますと

この形のMH23型になります

年式は平成21年とか22年くらいでしょう。

つまり8,9年前の車ですね。

ボディーの傷もあれば、シートのヘタリもあります

エアコンが効かない!エンジンから異音がといった事もあるでしょう

販売店保証が切れれば全て実費 ((+_+)) 2万、3万とかかります

仮に5年乗るならその間に車検受けが3回はあります

で5年後手放すときは13年経過の軽自動車・・・査定はゼロです

対して

今現行型ワゴンRのチョイ乗り中古車(1年落ち5,000kmレベル)

が込々100万程と買い易くなっています。

スリランカへの輸出が終わり、相場急落の為です

上記50万の軽と比較すると

万が一のエアコンやエンジンのトラブルはメーカー保証で修理

5年乗るとしても車検受けは2回

5年後手放すときは6年落ちですから、30万~40万の査定が期待できます

いかがでしょうか?

これは決して極端な話をしているわけではありません

 

私たちも込々50万の軽を販売しております。

が、ローンを組んででも予算を上げれるなら

チョイ乗り車なり新車をお勧めします

タイヤ預りサービス始めました   アリーナ三田はげ通信日記

昨日、紙面版のはげ通信を郵送いたしました。

早速「今後送らないでください!」ってお電話数本頂きました・・・

申し訳ないです。

さて今回同封の案内にもありました通り、みどりモータースでタイヤ預りサービスをスタートいたします。

月末まで限定の価格を案内しておりますので、ぜひぜひ早めのご予約をお願いします。

現行型MH55型ワゴンR相場急落 アリーナ三田のはげ通信日記

あまり嬉しくない話ですが、

スリランカへ活発に輸出され相場高騰だったワゴンRの相場が急落しています。

何でも先月位にスリランカの規制が変わり

軽自動車の関税が大幅に増税となったようです。

もうね、ビックリするくらいにコロコロと規制を変えるのですが、

スリランカ政府は関税を増減する事で輸入量を調整しているようです。

まぁ輸出相場に頼って商売をしてたらダメですが、やはりお客様も下取価格が高ければ嬉しいし、我々も新車が売れるし、WINWINですので

積極的に情報発信して乗換を促しておりました・・・

現在スズキ車でいうとスイフトの1リッターターボ車、Rstも活発に輸出されているのですが、こちらの関税に関しては今回据え置きです。

おそらく年末にも関税の改定があると思います。

注視して良い情報があれば、対象のお客様には随時ご連絡いたします。

 

災害が続きます

お手紙のはげ通信がそろそろ弊社お客様に皆様に届く頃かと思います。

災害に関して書かせていただいておりましたが、まさに4日近畿を直撃した台風21号

そして今日未明に北海道であった地震と災害が続いてしまいました・・・

21号は事前の報道もあり、備えをしていたかと思います。

が、想像を超える威力に大きな被害が出ました。

被害に遭われた方が一刻も早く日常を取り戻す事祈ります。

そんな台風の被害が報じられる状況の中での大地震・・・

本当に災害が続きます

ボランティア、募金できる事を続けます

やっぱ中古車高いです

今日は西宮のオークション会場へ行っておりました。

んで、同業者の方と色々話をしておりました。

そこで出た話・・・

 

中古車の売れ筋と言えば

3~5年落ちの3万km程度の車

ここ最近オークションでもこの手の車が少ない!

結果競り合うので高い!

ましてや海外で人気の車になると日本の中古車屋さんは、

海外相場より高く買わなければならない!

車種にもよりますが海外相場で買うと

お客さんへの価格は新車と変わらない!

なんて現象が起こるのです・・・

で、仕入れが高いから仕入価格より安いプライスボードを上げる店が出てきます。

で、諸費用という名目や点検パックだ保証パックだとか言って

付加価値が付いたようにして価格を盛っていくのです。

(実際付加価ないですけどね)

そう考えると今の時代の中古車販売って難しいです

そういった理由で現在みどりモータースは新車メインにしております

ほんとに高い中古車多いですから、新車と比べる作業

めんどくさがらないでくださいね

車をどこで買うべきか?    スズキアリーナ三田

以前にも少し書きましたが、みどりモータースの販売内訳を見ますと、

販売数の半分以上が「2回目以上の取引のお客様」か「ご紹介」です。

もう、本当にありがたく嬉しい事です。

2回以上ご利用いただけるのも、ご紹介を頂けるのも

信用していただいている からと勝手に解釈しています。

 

最近読んだ本に

どんな商売でも顧客との関係性を大切にしなければリピートしていただけない。

顧客との関係性を作れなければいつまでも新規客を追い続けるしかないとありました

で、新規客を追い続けるには、やはり価格で目を引くしかない。

で、価格競争に巻き込まれる・・・ と

 

なるほどそうなんだなぁと妙に実感しました

自動車業界で見てみますと

自動車(特に中古車は)って特別な仕入れルートがあるわけではないので

価格での差別化が難しいんですよ。

そうすると新規を追い求める車屋はどうするか?

流行りの売り方や、顧客にとって分かり難い販売方法をします。

具体的には大手がよくやる、車両本体価格を安くして

訳の分からんパックを付けなければ売れません!みたいなやつです。

そういった売り方って「見せかけの安さ」を強調するのですが

実際は安くないケースがほとんどです。

車業界以外の方が見ると安い気がしてしまうんですよ・・・

そういう売り方を真似するのは、お客様との関係性を築くより手っ取り早いから

そういう売り方が流行るわけですね。

今後もお客さんに2度3度利用していただけるよう頑張ります!

新型ジムニー シエラの納期は?   スズキアリーナ三田のはげ通信日記

はい、皆さん気になるジムニーの納期

2018年7月10日現時点での話ですが、

ジムニーは4か月以上(まぁまぁリアルに)

シエラは1年?(これもまぁまぁリアル)

といった状況です。

 

まず軽自動車のジムニーですが、メーカーの月生産能力が2,000台~2,500台

発売日の7月5日時点で全国受注数が約10,000台

その時点で注文いただいた方で4か月とかでしょう。

注文の順番ですので、1ケ月で納車のケースもあれば、4か月のケースもあります。

今からの注文はそれ以上になる可能性も出てきますね。

 

普通車のシエラは月生産台数200~300台程   少なっ!

7月9日(月)時点で全国受注数が約3,000台

単純に割り算すると1年程ですね・・・

あくまでも現時点でのメーカーの生産能力と受注数からの数字です

が、本当にこれくらいの納期になるでしょう

で1つ言えるのは

とにかく早い契約 です

メーカーの生産量を上げるのは簡単ではありません。

ってか無理だともいます 知らんけど

そうすると受注の順番になるわけです

1日あたり何台の受注数かは分かりませんが、

仮にシエラで1日100台の受注ペースだとしたら

1日の契約遅れが半月の納車遅れになるわけです。

 

といった感じで煽るつもりはありませんが、早めに注文するのがいいのは間違いない状況です。

今乗ってる車の車検が切れる!っといった方何とかしますから

アリーナ北神、三田に相談してくださいね。

西日本豪雨   

先週西日本を襲った豪雨、本当に経験のない雨でした。

まだ被害が把握しきれていない状況ですが、報道を見ますと胸が痛くなります。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方が1日でも早く日常を取り戻せる事を祈ります。

 

日本は世界屈指の災害が多い国です。

地震、噴火、梅雨末期の豪雨、台風、冬の大雪、、、

本当に多いです。

そんな災害の多い国だからこそ、助け合いが大切です。

既に募金活動も始まっています。

ボランティア活動も始まるかと思います。

わたし個人でも、みどりモータースとしてもできる協力をしたいと思います。

新型ジムニーとシエラどっちを買うか?迷うあなたへ  はげ通信日記

スズキ試乗車数 三田市ナンバーワンの みどりモータース です。

昨日の発売日はあいにくの大雨でしたが、めっちゃ見に来ていただきました。

ありがとうございます

本日7月7日より試乗可能になります弊社の試乗車、XCグレードのAT

さて、660ccのジムニーと1,500ccのシエラどっち買おうか?

迷う方が多いと思います。

では一体購入価格、年間の維持費でどれくらいの差が出るのでしょう?

まず購入時の価格差

それぞれの最上級グレードXCとJCのオートマ車で比較してみます

見えにくいですが諸費用込み値引きなしの状態で

ジムニーXCが1,957,900円

シエラJCが2,220,740円

その差26万程

実際値引き額はシエラの方が大きいので、差はもっと縮まります。

※購入時の価格差はグレード、ATかMTか?でも変わります。

 

では年間の維持費の差はどんなもんでしょう?

まず燃費ですが実は1,500ccのシエラの方がいいのです。※AT車です

年間の自動車税、シエラが34,500円でジムニーは10,800円 差は23,700円

そして2年に1回の車検時の諸費用ですが

ジムニーが重量税6,600円 自賠責25,070円 証紙1,100円 合計32,770円

シエラが重量税24,600円 自賠責25,830円 証紙1,200円 合計51,630円

となりますので18,860円の差です。※自賠責等変わる可能性がありますが

2年に1回の車検で18,860円の差ですから1年あたり9,430円の差ですね。

自税の差23,700円+車検の差9,430円=33,130円

年間の維持費3万3千円の差ですから月にしたら2,750円です。

「シエラが欲しいけど金銭的にジムニーかなぁ~??」とお悩みのあなた!

購入時の差額26万はアリーナ三田が何とか縮めます。

ぜひオーバーフェンダーが渋すぎるシエラに乗ってください。