月別アーカイブ: 2018年11月

今が狙い目!現行MH55型ワゴンR スリランカ終了

はい、昨日は神戸のオークションに行っておりました

んで仕入れたのはこの型のワゴンR

実際は青色を仕入れました。

私4ケ月前くらいは「ワゴンRは新車が得!」って言っておりました

理由はスリランカに輸出される理由から中古車オークションの相場が高かったため。

新車より高騰してる時期もありましたからね。

なんですが、今年8月頃にスリランカへの輸出が終了しました。

そうすると一気に相場が下落したわけです。

実際グレードにもよりますが20万~30万落ちました

で、昨日オークションを見て感じたことですが

20万下がった相場でも売れない・・・

そんな状況が起こっていました。

ワゴンRに限らず例年10月頃から年末にかけて中古車の動きは鈍くなります。

で、年が明けると再び相場が上がります。

という訳で、今から年末にかけて現行型ワゴンRの中古車買い時です。

今既に店頭に並んでいる中古車ではなく、相場が下がっている今仕入れた新鮮な車両が得です。

軽39.8は得なのか?

軽自動車の39.8専門店が全国的に増えました

某コンサル会社が「儲かります!」って宣伝しまくってましたから

んで、結局よくある「諸費用ガッツリ」なので

乗り出し価格は50万超えてくるわけです

 

弊社でも「込々50万で乗れる軽無いですか?」ってよく相談いただきます

「距離は5万kmくらいまでで」

「ワゴンRみたいな広い車で」っといった感じです

その条件のワゴンRになりますと

この形のMH23型になります

年式は平成21年とか22年くらいでしょう。

つまり8,9年前の車ですね。

ボディーの傷もあれば、シートのヘタリもあります

エアコンが効かない!エンジンから異音がといった事もあるでしょう

販売店保証が切れれば全て実費 ((+_+)) 2万、3万とかかります

仮に5年乗るならその間に車検受けが3回はあります

で5年後手放すときは13年経過の軽自動車・・・査定はゼロです

対して

今現行型ワゴンRのチョイ乗り中古車(1年落ち5,000kmレベル)

が込々100万程と買い易くなっています。

スリランカへの輸出が終わり、相場急落の為です

上記50万の軽と比較すると

万が一のエアコンやエンジンのトラブルはメーカー保証で修理

5年乗るとしても車検受けは2回

5年後手放すときは6年落ちですから、30万~40万の査定が期待できます

いかがでしょうか?

これは決して極端な話をしているわけではありません

 

私たちも込々50万の軽を販売しております。

が、ローンを組んででも予算を上げれるなら

チョイ乗り車なり新車をお勧めします