みどりモータースってどんなお店」カテゴリーアーカイブ

台風19号被害    はげ通信日記

台風19号の被害状況が報道されています

あまりにも広範囲で、まだまだ全容が分からない状況です

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々が1日も早く元の生活を送れることを願います

 

大雨により21の河川で24か所が決壊したそうです

24か所もの広い範囲で住宅や車が浸水しているわけです

昨年の西日本豪雨の真備町のような被害が24か所もあるということでしょうか?

 

毎年必ずと言っていいほど大雨による河川の決壊が起こっております

政府はそれを防止するための防災工事にもっともっと予算を使って欲しいと思います

年々台風が大きくなってます

それに伴って被害も大きくなってます

災害が起こるのは偶然ではなく、必然なわけですから

 

昨日紙版のはげ通信を発送しました

そこに西日本豪雨への募金終了の話を書いたのですが

再び今回の台風被害に遭われた方々へ微力ながら募金を始めます。

日本郵政の不適切な生命保険販売のニュース見ましたか?

昨日の夜のニュースで実際に被害に遭われた身内の方が話していたのですが

明らかに損をする契約と解約を繰り返させてたんですね

まぁ郵便局って大きい組織やから信用してしまう人も多かったんでしょう

原因は過大なノルマ

ノルマが大きくて、ノルマに対する上からの圧が大きいとやっぱりこうなりますよねぇ・・・

 

自動車業界を見ても似たようなことがあります

・顧客の不利益を分かって黙っている

・顧客の求める車ではなく、営業マンが売りたい車を押す

・強引な契約

・契約するまで帰さない

・顧客を騙す

といった感じで、共通するのはノルマやインセンティブの為 で顧客の為では無い点です

で、今回ニュースになっているかんぽ生命保険と一緒で、

「大手だから大丈夫」ではない点も同じです

 

私はいつも「自分の友達や親に販売するつもりで話をして」と言います

自分の友達を騙して不利な契約を結ばせるでしょうか?

自分の親にお勧めでない買い方を勧めるでしょうか?

 

お車を買う時、気を付けてくださいね!

新車購入時のディーラー選び     スズキアリーナ三田 はげ通信日記

今朝、お客様と弊社スタッフが商談をしておりました。

後でスタッフに話を聞くと

お客様は他の販売店にも見積りを取りに行かれたそうです

その見積には値引きが入っておらず、口頭で

「最終見積りを持ってきたらそれより安くします」的な事を言われたそうです

これって「営業マンあるある」ですが

営業マンは「後出しジャンケン」をしたいわけです。

 

そりゃぁそうですね。

A店の営業マンが試乗車を用意して、車の説明をして、何度も見積りを作り直し交渉した最終見積りを

B店の営業マンが

「それより1万円引きますよ!」

で決まるならそりゃあ楽ですよね。

 

個人的にこういった営業を続けている営業マン、お店は勘違いする事が多いように感じます。

あくまでも個人的な感覚ですが・・・

どういう事かと言うと、

営業マンって商品知識や接客、コミュニケーション、お客様の立場になって考える、等々

普通は色々な努力をします。

ですが、価格勝負の後出しジャンケン営業でそれなりに売れてしまうと

そういった努力をしなくなりますよね?

結果、感じが悪い接客になったりお店になったり、じゃないかなぁーと思います

あくまでも想像ですが。

 

お客様としては同じ車買うなら1円でも安い方がいいと思います

でも、多くのお客様は高い買い物ですから価格だけではなく、

後々お付き合いできる営業マンか?お店か?

ってのも重要だと思います(むしろそっちが重要かと)

 

私たちみどりモータースは「どこよりも安くします!」とは言いませんが

お客様から「色々回ったけど結果一番安かった」と言っていただくことが多いです。

何より価格以外の部分

「後々お付き合いしたくなるお店」

を重視しております。

逆に言うと

「接客とかどうでもいいから、とにかくどこよりも1円でも安くして欲しい!」

といった方には合わないかもしれません。

 

長くなりましたが値引きが入ってない見積で

「最後に来てください!」って営業をされた時は色々と注意してくださいね。

もちろん最後にこの人に相談したい!って思える営業マンなら問題ないですけどね。

 

※冒頭のお客様は弊社にてご契約いただきました m(_ _)m

決して強引な販売は致しません スズキアリーナ三田

今朝スズキのブロック長(地域をまとめる偉いさん)にお越しいただきました。

「2月3月決算期売ってください!!」と言う激励で来られたのですが、色々お話しする中で

とあるお店の販売方法の話を聞きました。

そこは最近できた超大きなお店です(北神三田近辺ではないのでご安心を)

どの様な売り方かと言うと・・・

「契約するまで帰しません!!」

ってやり方です。

もちろん露骨に「帰しません!」とは言いませんが

なかなか帰してくれないわけです

まぁ気の強い人なら「今は決めれません!」ときっぱり帰るでしょう

が、僕の様に気が弱いと断り切れずズルズルと行くのでしょう

で、強引に契約を取ったあと

必ず手付金をとります!

キャンセルを防ぐためのマニュアルでしょう

これは1営業マンが勝手にやっている事ではありません(ふつうに出来ませんよね?)

大きな会社が組織としてマニュアルとしてそういう販売をするのでしょう

つまりその会社の経営者が「そういう売り方でいい」と思っているからできるのです。

ちょと「えっ?」って思いますよね

で、強引に契約を迫られて不本意な契約をした方が

「キャンセルできるならキャンセルしたい・・・」

といった話を他の販売店の営業マンに相談したりでこういった話が私の耳にも入るのです。

 

私どもみどりモータースではお客様に納得いただいた上でご契約いただきます

当たり前ですね

だから手付金とか一切取っていません。

訳あってキャンセルせざるを得ない状況ならキャンセルも受け付けます。

実際昨日もキャンセルがありました 涙

登録前である事と事情が事情なのでキャンセル料等はいただいておりません

 

おそらく多くの車屋さんが弊社と同じスタンスかと思います

強引な契約を迫るお店は気を付けてくださいね。

ペイペイ20%還元終了    はげ通信日記

いやぁー早かったですね

先日お伝えしたPAYPAYの20%還元キャンペーンが終了しました

10日で100億使い切ったんですね

改めて情報に敏感にならなあかんなぁ・・・と思いました

キャンペーンは終わりましたが、PAYPAYは利用額の0.5%の電子マネーポイントがつきます

みどりモータースでは車両代の支払いもお受けしますので

例えば100万円の車両代でしたら5,000円です

普通に嬉しいですね

是非是非使ってみてくださいね

車の車両代金を電マネーでポイントを稼ぐ カード決済 スズキアリーナ三田 

はい、これは大ニュースですよ。

実は今書いておりますお正月にお届けするはげ通(紙版)にも書いたのですが・・・

みどりモータースで電子マネー決済PAYPAY(ペイペイ)を導入しました。

 

まぁそれくらいなら大したニュースではないのですが

使った額の20%相当額の還元があるんです

キャッシュバックと言わないのは現金ではなく電子マネーとして還元されるからだと思います

月の還元上限は5万円(でかい!)

つまり1ケ月にペイペイを使って25万円分の買い物をすると5万円分の還元を受けれるそうです

まぁ普通に考えて25万円の買い物なんてあまりしないし

ペイペイの加盟店もまだまだ少ない状況です。

私には関係ないなぁ・・・って思ってませんか?

でも車を購入される方ならさすがに25万使いますよね??

即ペイペイに登録して(スマホで1分)クレジットカードが必要です

車両代の支払いをペイペイで払えば5万円分の電子マネーですよ!

ただし!

キャンペーンは来年3月末まで!

ってかペイペイ側の予算上限100億円を使い切り次第終了!

なんで、いつ終わってもおかしくないのですよ

弊社でお車ご購入で納車待ちの方!

ペイペイで先に一部入金大歓迎です

ちなみにまだまだペイペイ導入店少ないです。

車屋さんで使える店も少ないんじゃないかなぁー

とにかく急ぎましょう!

災害が続きます

お手紙のはげ通信がそろそろ弊社お客様に皆様に届く頃かと思います。

災害に関して書かせていただいておりましたが、まさに4日近畿を直撃した台風21号

そして今日未明に北海道であった地震と災害が続いてしまいました・・・

21号は事前の報道もあり、備えをしていたかと思います。

が、想像を超える威力に大きな被害が出ました。

被害に遭われた方が一刻も早く日常を取り戻す事祈ります。

そんな台風の被害が報じられる状況の中での大地震・・・

本当に災害が続きます

ボランティア、募金できる事を続けます

車をどこで買うべきか?    スズキアリーナ三田

以前にも少し書きましたが、みどりモータースの販売内訳を見ますと、

販売数の半分以上が「2回目以上の取引のお客様」か「ご紹介」です。

もう、本当にありがたく嬉しい事です。

2回以上ご利用いただけるのも、ご紹介を頂けるのも

信用していただいている からと勝手に解釈しています。

 

最近読んだ本に

どんな商売でも顧客との関係性を大切にしなければリピートしていただけない。

顧客との関係性を作れなければいつまでも新規客を追い続けるしかないとありました

で、新規客を追い続けるには、やはり価格で目を引くしかない。

で、価格競争に巻き込まれる・・・ と

 

なるほどそうなんだなぁと妙に実感しました

自動車業界で見てみますと

自動車(特に中古車は)って特別な仕入れルートがあるわけではないので

価格での差別化が難しいんですよ。

そうすると新規を追い求める車屋はどうするか?

流行りの売り方や、顧客にとって分かり難い販売方法をします。

具体的には大手がよくやる、車両本体価格を安くして

訳の分からんパックを付けなければ売れません!みたいなやつです。

そういった売り方って「見せかけの安さ」を強調するのですが

実際は安くないケースがほとんどです。

車業界以外の方が見ると安い気がしてしまうんですよ・・・

そういう売り方を真似するのは、お客様との関係性を築くより手っ取り早いから

そういう売り方が流行るわけですね。

今後もお客さんに2度3度利用していただけるよう頑張ります!

創業58年?みどりモータース    

現在お手紙でお届けするはげ通信の7月号の準備が完了しまた。

間もなくお届けいたします。

 

んで、全然関係ない話ですが

これいつの写真でしょう?

会社の整理をしていたら出てきたんですけど、神戸市北区道場町です

おそらく昭和30年から40年代頃でしょう。

右上の方に「みどりモータ」って看板があります

写っているのは創業者である私のおじいちゃんですね

実際、正確な創業は分からないのですが、昭和35年頃かな?という話を聞いたのでHP上では創業昭和35年としております。

今年が平成30年ですから創業58年ですね。

はげ通信を書いている私が3代目です

3代に渡って60年近く商売をさせていただきホントにありがたい限りです。

今後も地道にコツコツと急成長を追わずスタッフと共に頑張っていきたいと思います。

所有から利用へ    はげ通信日記

先日加盟する車屋さんグループのセミナーへ参加しました。

テーマは「カーリース」

ここ数年で「個人のマイカーリース」が急激に増えているそうです。

WEB検索数も随分と増えて流行状態だとか。

そんな状態の中で「みどりモータースにはリース無いんです」っていうのも嫌なので、

私どもも1年半前から月々10,800円(ボーナス時32,400円)で7年間リース「フラット7」に加盟しました。

 

なんですが、

やはり個人的には「普通に買う方が得やな」と思います。

まず、現金で購入を検討する方は迷うまでもなく、リースはお勧めしません!

ローンを組んで購入検討の方は、ローンの金利を含めた総支払額とリースの総支払額を比較してみましょう。

7年後返却の割に意外と差が少なく感じると思います。

そこがあまりお勧めしない理由なんです。

ではこの月々1万円リースはどのような方にお勧めでしょう?

・1つは頭金の用意が難しい方

・もひとつは月々車にかかるお金が一定で分かり易い方がいいって方(車検や保険のために毎月貯めていくのが苦手な方)

といった方々かと思います。

上記リースの場合期間中、制約はあるけど基本的には自分の車で自由に使えます。

時代の流れで今後更に車を所有する事から「必要な時に借りる」に変わっていくのでしょう

私たちみどりモータースも時代の流れに合わせ、お客様に提供できるサービスを変えてまいります。